進学支援 看護師 求人

進学支援のある病院への転職を目指す方へ

 

この度は当サイトにお越しくださいまして本当にありがとうございます。

 

 

私は看護師を専門とした転職コンサルタントとして、
「進学支援」を目的とした方を中心にサポートをして参りました。

 

 

一口に進学といっても、

 

■准看護師が正看学校へ進学

 

■認定看護師の資格取得のため進学

 

■専門看護師の資格取得のため進学

 

 

など条件によって目指す病院は異なりますが、
ここでいう進学支援のある病院とは、

 

 

 

働きながら進学できる病院

 

 

この目的に沿った病院をどのように探していけばよいか、
という点に着目して、その最も最適な方法を詳しくお話してまいります。

 

 

進学支援制度のある病院は、
看護師不足と言われはじめた頃から、各病院が積極的に取り入れはじめました。

 

 

そのため、そこそこの規模がある総合病院では、
よもや進学支援制度がない病院のほうが珍しいと言っても過言ではありません。

 

 

そのため、普通に探せば進学支援制度のある病院を見つけられないことはありません。
ただし、進学支援制度といっても全面的に病院側がサポートしてくれるというわけでなく、

 

 

奨学金として進学にかかる学費などを建て替えして後に返還する制度が基本。
そして、返還金をお礼奉公として、その病院に数年間拘束されるという仕組みになっているところがほとんどです。

 

 

「拘束」というやや暴力的な言葉で表現しましたが、
実際に進学支援制度のある病院に転職した方の多くが、

 

 

いざ働きはじめてから、職場環境や人間関係などの原因によって、
身動きのとれないストレスを強く感じてしまっているのが現状なのです。

 

 

こうした原因となってしまうのは、

 

 

転職活動での安易な病院選定

 

 

これがほぼほぼ原因となってしまっています。
なぜなら先ほど申し上げたように進学支援制度のある病院を探すのはそう難しくないからです。

 

 

しかし、病院選びを疎かにしてしまうと、入職してからのギャップを感じてしまう。
そして、お礼奉公を承諾している以上、簡単に辞めることはできなくなってしまうのです。

 

 

このように進学制度のある病院へ転職を目指していくのであれば、
入職してから一定期間働いていける病院を選んでいくのが鉄則となります。

 

 

そのためには、転職活動の段階でしっかりと病院選びをしていく必要があるのです。


しっかり病院を選んでくために必要な看護師転職支援サービス

 

このように進学支援のある病院へ転職するためには、
転職活動の際にしっかり病院を選んでいくのが絶対的に必要です。

 

 

では、一体どのようにすれば、しっかり病院選びができるのか?

 

 

その手始めとしては、

 

できるだけ多くの看護師求人を簡単に集めることができる環境

 

 

を用意するのが大前提となります。

 

 

ここ数年で、転職活動のスタイルも大きく変わり、
PCやタブレット以上に、スマホで求人探しをする方も増えました。

 

 

ハローワークでもスマホ用アプリが出来たほどですので、
今後は求人探しもメインはスマートフォンになることは明らかとなっています。

 

 

それは看護師もにも言えることですが、特に不規則な勤務体制であるために、
一般職種以上にスマホから求人を探す割合は非常に高いです。

 

 

しかし、それに対応する看護師専門の求人媒体が中々見られないのが問題です。

 

 

例えば、看護師のハローワークと言われる看護協会が運営する
eナースセンターも2014年時点ではまだスマホ対応の求人サイトではありません。

 

 

また、ハローワークや全職種対応の求人サイトなどではスマホ対応が浸透していますが、
看護師求人だけを特化して考えると数が非常に少なくなってしまいます。

 

 

こうした鑑みると、現時点で最も看護師求人だけが大量に揃い、
かつPCはもちろんタブレット、スマートフォンにも対応した求人媒体は、

 

 

看護師転職支援サービス

 

 

が最も有効であると私の経験から断言できます。


看護師転職支援サービスの仕組みと特徴

 

看護師転職支援サービスは、看護師の資格を持った方、
具体的には正看護師、准看護師、助産師、保健師の有資格者だけが登録できるサービスのことです。

 

 

そのため、当然ながら看護師求人だけが掲載されている求人サイトとなりますが、
あくまで求人検索はサービスの一環という位置づけに過ぎません。

 

 

看護師転職支援サービスでは、求人を探せる専用サイトの他にも、

 

 

 

■希望の条件に合った求人紹介(メールや電話対応も可)

 

■履歴書や職務経歴書の添削や希望の病院に則した面接対策

 

■面接日の調整や病院見学の設定、同行

 

■面接同行や内定率を上げるための斡旋

 

■現在の仕事の退職スケジュールに合わせた採用日の調整

 

 

 

具体的にこのような総合的な転職サービスが用意されています。
いずれもあなたが自分の転職先をしっかりと選んでいくのに欠かせないバックアップサービスです。

 

 

そして、これらサービスをあなたオリジナルで展開していく重要な存在が、

 

 

看護師転職アドバイザー

 

 

です。

 

 

看護師転職アドバイザーは運営しているサービスによって
「コンサルタント」「コンシェルジュ」「パートナー」とも呼ばれますが、上記サポートの位置づけは共通しています。

 

 

このアドバイザーは、転職のプロであることを前提に
医療業界や看護師という職種の知識に優れ、これまでの転職サポート実績を非常に多く持ちます。

 

 

一般職種の転職サービスのようなレベルとは違い、
専門職種に特化しているため、精鋭ぞろいのエキスパートが揃っているのが大きな違いです。

 

 

そのため、進学支援制度のある病院をピックアップするのはもちろん、
あなたの性格や条件に合わせた病院紹介、さらにはあなたが聞きたい情報も調査できる存在となります。

 

 

この点がただ求人検索するツールとしてではなく、
そこからしっかり病院選びをできる要素を併せ持っている看護師転職支援サービスの利用価値なのです。

看護師転職支援サービスのデメリットは何?その対処法は?

 

このように看護師転職支援サービスを利用すれば、
進学支援のある病院を見つけることはもちろん、

 

 

転職後の失敗を限りなく減らすことができる、
つまり病院選びをしっかり行う転職活動ができるようになります。

 

 

その鍵となるのが看護師転職アドバイザーであることが、
ここまでで、お分かり頂けたと思います。

 

 

しかし、実はこのアドバイザーが
逆に利用者のデメリットにもなってしまう場合があります。

 

 

あなたも口コミや掲示板などで、サービスの評判が良くない
などといった書き込みを見たことがないでしょうか?

 

 

私もこれまでサポートしてきた中でも、
少なからずそういった評価を持ってる方もいらっしゃいます。

 

 

これを100%私は否定しません。
なぜなら、看護師転職アドバイザーは”人”だからです。

 

 

看護師転職支援サービスを実際に利用したことがある人が、
良くない印象を持つほぼ9割方がアドバイザーとのトラブルが原因です。

 

 

確かに、看護師転職支援サービスは民間運営ですので、
あなたが無料で利用できる以上、収益は求人を要する病院側しかありません。

 

 

つまり、病院側にあなたを採用してもらってはじめてマージンを得ることができるのです。
この仕組が、時としてあなたが希望としない病院を強引に紹介するといった事態を招いてしまうのです。

 

 

とはいえ、現実はそうしたアドバイザーの方がまれなのですが、
そうでなくとも人と人とのコミュニケーションには、「相性」は必ず付きまといます。

 

 

自分に合うアドバイザーであれば、
提供されるサービス以上に利用価値を感じますし、その逆もあるわけなのです。

 

 

つまり、

 

 

看護師転職支援サービスのデメリットをなくすためには自分に合ったアドバイザーを見つけること

 

 

これができれば良いわけなのです。

 

 

しかし、「合う・合わない」は人から言われて決められるものではありません。
本来であれば、色々な看護師転職支援サービスに登録して比較することが1番良い方法です。

 

 

ただ、片っ端からサービスに登録するわけにもいきませんし、
そもそも数あるサービスの中でどれを比較していいかもわからないというのが本音だと思います。

 

 

そこで私が考えたのは、

 

 

 

◎「進学支援制度のある看護師求人」が充実しているサービス

 

◎私の経験、利用者の評価を総合して信頼と実績の面で間違いないサービス

 

 

この2点を満たした看護師転職支援サービスを厳選に厳選を重ねて3つに絞りこみました。

 

 

それを最後に紹介しております。

 

 

この3つすべてに登録すれば、最も自分に合った看護師転職アドバイザーが必ず見つかります。
そして、そのサービスを利用して、ぜひ転職活動に活用してください。